【世界に通じるケンカの収め方】ピーステーブルのススメ

peacetable1.png

映画『こどもかいぎ』では、
ケンカになった時や話し合いたい時、
子どもが一対一で、テーブルで向かい合わせになって話し合うシーンが出てきます。

その名も「ピーステーブル」。

冒頭の画像のように

「カフェかよ!」

ってツッコミ入れたくなるんですけど、
不思議と、

話し合っているうちに落ち着いてくる子どもが多いんですよね。

どうやら、気持ちを言葉にすることで、感情が整理できるようなんです。

これ、スゴくないですか!?

ポイントの一つが、
その場で無理に解決しようとせず、「場所を移動する」ということ。

怒りの感情には

「6秒ルール」

というものがあって、
大抵の場合、6秒くらい経つと、怒りの感情は静まると言われています。

場所を移動している間に、
落ち着いてくる子も多いので、冷静に話し合える確率が高まるんですね。

映画を見ていただいた
弁護士の菊間千乃さんが

「裁判所にもピーステーブルが必要だ」

とおっしゃっていましたが、本当にその通り!!

国会にも欲しいし、
国連にも欲しい!!

もちろん、家庭にもね(笑)。


今日は終戦記念日ですね。

ピーステーブルのようなものが世界中に広がれば、きっと戦争は減っていくはず。

戦争の犠牲になったすべての命に黙祷を捧げます。



監督・父
豪田トモ


【映画『こどもかいぎ』は7月22日〜公開中!】
★チラシ配布やチケットサポーターのご協力をお願いします!!
https://www.umareru.jp/ouendan-request.html

★公開記念・豪華ゲストとのオンライン・トークライブ
アーカイブ映像をご覧いただけます!
https://www.umareru.jp/kokaikinen.html

spacer
image
spacer
image

カテゴリ

spacer
image

月別 アーカイブ